おばんでやんす~!

ウィッキーだべ( ^ω^ )

 

 

山﨑賢人さん主演映画羊と鋼の森の結末やラストの展開や最後について語っていきます!

 

ピアノ調教師の話で原作は2016年の本屋大賞を受賞した宮下奈都さんの小説を実写化。

 

サントラ音楽やエンディング曲のタイトルや曲名も必見で久石譲さんと辻井伸行さんのコラボ動画も必見です。

 

 

かわいいもの好きの私が、興味津々の気になるあれこれについて元気よく語っていきますぞ~♪

スポンサードリンク


 

 

◆映画羊と鋼の森が実写化で見所を紹介

 

 

 

宮下奈都さんの大人気小説である『羊と鋼の森』だけど、この度実写化映画となって公開されることが決定しました~!

 

 

主演は山崎賢人さんが演じており、繊細な主人公の男の子が成長していく姿を好演しています。

 

ウィッキーが思う見所の一つとしては、山崎賢人さんの演技力だと感じています!

 

 

山崎賢人さんって少女漫画原作の映画やドラマに多く出演しているイメージが強いですよね~。

主人公が恋に落ちちゃうイケメンの同級生役はぴったり!

 

 

(^ ^) ウィッキーのクラスメイトに山崎賢人さんがいたら、毎日がハッピーライフを送れていたと妄想しちゃいます!笑

 

 

そんな山崎賢人さんが今回演じるのは、将来の夢ややりたいことが決まっておらず、悩んでいる青年

 

ピアノと出会い、ピアノ調律師になることを決めるんですが、その葛藤や仕事を通じて学ぶ人生の教訓が大きいんです。

 

 

過敏なお年頃である青年役ということもあり、山崎賢人さんにとっても貴重な経験の役になったのではないでしょうか?

 

 

また個性派のキャスト出演者に囲まれ、様々な演技や雰囲気を実際に撮影現場で感じたことだと思います。

 

個性が光る演技を間近で見た山崎賢人さんが、どんな役作りで繊細な主人公の心の変化を演じるのか楽しみですね!

 

 

 

2つ目の見所は、ズバリ三浦友和さんの渋い演技です!

 

 

三浦友和さんといえば、良いパパ役の印象が強いですが、今回演じるのは山崎賢人さんの師匠にあたるベテランピアノ調律師。

 

背中で語る職人堅気な雰囲気と、ピアノの音色だけで人を感動させる難強い役どころです。

 

 

ピアノ調律師という職業は、裏方の仕事ですがピアニストにとっては右腕とも呼べる重要な存在

 

調律師の技術によって、ピアニストの魅力が光ると言っても過言ではありません。

 

 

また仕事との向き合い方、情熱の注ぎ方、自分にとって仕事とは?という誰もが持つ悩みについても答えやヒントを与えてくれているようです。

 

三浦友和さんが演じるピアノ調律師という役をどんな色で表現してくれるのか、見所の一つだと感じています!

スポンサードリンク


 

 

◆映画羊と鋼の森の音楽やサントラが豪華!曲名やタイトルを紹介

 

 

映画羊と鋼の森では、ピアノが1つの重要キーワードになっています。

 

そのため、劇中に登場するサントラ曲やエンディングの曲は映画に欠かせない彩りを添えてくれます。

 

 

映画の音楽を担当したのは、久石譲さんと辻井伸行さんという最強タッグ。

 

ジブリ映画の音楽を担当している久石譲さんのメロディの美しさと、辻井伸行さんのピアノの美しい旋律が化学反応を起こしているんです。

 

 

映画公開前のコンサートで披露されたのが、エンディング曲になっている「The Dream of the Lambs」です。

 

 

なんとも美しいピアノ旋律は、映画の中で主人公が目指した音色なんじゃないかと聞いている人の想像を掻き立てられます。

 

 

ピアノ調律師は、辻井伸行さんのようなピアニストの魅力や才能を最大限に活かせるように個人にあった調律をするのが仕事。

 

その技術は経験と感性が大きく関係しており、調律師によっても少しづつ音色が違うのがポイントなんです。

 

 

映画羊と鋼の森で使用されている曲を聴いていると、映画の中の主人公の葛藤やピアノ調律師を通じて学んだこと、教訓などが思い出されます。

 

まさにエンディング曲にぴったりだと感じますし、もう一度見たいなと思わせる効果もあるんです。

 

 

ウィッキー的には、映画羊と鋼の森のサントラCDも発売をして欲しいと願っています!

 

久石譲さんと辻井伸行さんが担当した音楽は、映画には欠かせない存在であり、原作小説の世界にもぴったりだと思います。

スポンサードリンク


 

 

◆映画羊と鋼の森の結末やラストの展開をネタバレ予想

 

ウィッキーが気になっているのが、映画羊と鋼の森のラスト結末や最後のシーンです。

 

どんな展開になり、どのように終わるのか気になりますよね~!!

 

 

映画という短い時間の中で、起承転結をつけることを考えると、映画羊と鋼の森の結末は主人公が一人前のピアノ調律師になるまでが描かれると予想しました。

 

 

ポイントは、『一人前のピアノ調律師』という部分。

 

個人の感性や技量によって一人前というレベルにはバラツキが生じますよね。

 

 

特にピアノ調律師は、一人前になるという規定や数字的な目で判断する材料がありません。

 

ピアノの音色が全てであり、ピアノを使うピアニストの魅力が十分に引き出すことが全てです。

 

そのため、主人公が紆余曲折しながらも自分らしい調律ができるよう努力します。

 

 

誰かの真似ではなく、自分が目指すピアノの音色とは??

 

 

その答えを周りの助けや助言をもらいながら、実際の経験を通じて探していくのではないでしょうか?

 

映画のラスト結末では、主人公が自分が理想とするピアノの音色を見つけ、一人前のピアノ調律師として新しい道を歩むと予想。

 

 

人生の中で、仕事との向き合い方や、仕事に対する思い、価値観など目に見えないものを学ぶことはとても難しいことです。

 

考えなくてもなんとなく生きていける世の中だからこそ、今一度主人公のように立ち止まって自分自身と向き合うことの大切さを知るきっかけになる映画だと思いましたよ(^ ^)

 

関連記事もチェック!

羊と鋼の森の映画の感想や口コミ評判やキャストをオタクが紹介

川村あんり(モーグル)の出身地は東京と新潟?3つの強さの秘密

桃月なしこはアイプチで目を整形してる?女性が憧れる顔No.1

 

スポンサードリンク